フリーランスの始め方は計画性を持って

会社に勤務しているエンジニアの方でも、一度は自らの技術力や知識を活かす形で、フリーランスに転身したいと考えたことがある方も多いのではないだろうか。フリーランスの始め方は人それぞれだが、自営業にスムーズに移行するためには、いくつかの点を押さえておくと効率よく仕事を開始することができる。

会社勤めをしていてこれからフリーになろうとしている方は、会社を退職する前に、自分の代わりに仕事を見つけてくれるエージェントを探して活用すると良い。新しい仕事をエージェントから紹介してもらい、それが決まるまでは会社を辞めずにいた方がリスクを減らすことができるからである。

また、フリーに転身したての時期は、知り合いや前職のツテで仕事を受注することが多くなりがちだ。しかし、ツテばかり辿っていては受注が伸び悩んでしまうため、まずは同業者が参加する勉強会や交流会などに積極的に参加して、交流を持つ中で横のつながりを地道に築いていくことが大切である。そうすることで、例えば交流会で知り合った同業者から大規模なプロジェクトに誘われたり、様々な企画への参加を通して新しい道が開けてくることが多々あるからだ。

フリーランスで働く場合、特に意識を持っていないと、どうしても横のつながりが薄くなりがちなので、対等な関係で話ができる同業者のつながりができることで、情報交換ができたり、仕事を共に行う仲間を増やしていくことにつながっていくのである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です